霊能者をインターネット探したら当たる人はほとんどいないという話

インターネットで探した霊能者にあまりいい話は聞きません

 お参りする方や相談に来られる方といろいろとお話しするのですが、たまに霊能者についての話を聞きます。霊能者に相談したという話ですが、当たった、当たらなかったそれぞれですが、たまに何かをズバリ当てられたという話も聞きました。よって、いわゆる霊感を持つ人が存在するということは事実であるように思います。
 (なお、私は霊能者ではありませんし、ここには霊能者もいませんし、紹介できる霊能者も知りません、ということを念のためにお知らせしておきます)

 ただ、インターネットで探した霊能者というので当たった、良い方向に行ったという話は全く聞いたことがない、というのが面白いところです。それはなぜかを考えてみると、もし人々が望むような、なんでもすべてバンバン当てる霊能者がいたとしたら、相談者は必ず口コミで知り合いを紹介するでしょう。それがどんどん広がっていきます。一人の人間が1日に鑑定できる人数は限りがありますから、増えすぎても困ります。かえって相談者が増えて待たせることになり、霊能者に大きな負担が掛かってしまいます。ですから、わざわざインターネットで宣伝する必要はありません。

 以前、ネットで霊能者口コミ掲示板のようなものがあり、面白くて熟読してみたのですが、いろんなところに「本当に力のある霊能者」のようなリンクが埋められていて、それをクリックするとすべて同じページに飛ばされます。神主の装束を着たおじいさんの画像が出てきて、通信で霊能鑑定してくれるとのこと。銀行口座は関東のある都市の銀行口座になっています。私はインターネットには詳しいもので、掲示板のサイトのドメインを検索してみましたら、同じ都市にある会社が所有していました。推測ですが、元から誘導するために用意したものなのではないでしょうか。実際にそれに依頼した人もいるようです。ワラをも縋りたいということなのでしょうが、どうなのでしょうか。そもそも、実際に相談者を目の前にしてもなかなか当たらないのに、遠隔で当たるわけありません。

 最初から商売、詐欺でやってる人もいるとは思いますが、全員そうだともいえません。自分は本当に力があると思っている人もいますし、なんとか人の助けになりたいと思っている人もいることでしょう。ただ、インターネットで集客するという時点で、いろいろと考えさせられます。昔でいえば電話帳になるわけで、神社や占い師もウェブサイトを持つのが普通になってきているわけですが。

 やはり間違いないのは、知っている人からの口コミということになりますが、そんな知り合いはいないという人がほとんどです。しかし、私が思うのは、紹介してくれる人がいないというのは、つまり今はその人にとって霊能者を必要としていない、ということです。本当に必要ならばどこからともかくその話がやってくるものなのです。もっとも口コミで紹介されたからといって自分の悩みを解決してくれるとは限りません。もっと当たる霊能者はいないか、自分の求めている答えを言ってくれる都合のいい霊能者はいないのかと、また探し回る人も多いのです。
 個人的には霊能者に頼りたいのはわかるけども、それより神さまにお願いして、あとは頑張りましょうと言っているのですが、なかなか広がりません。

トップページに戻る > 霊についての話、一覧に戻る > このページの一番上に戻る


<このページの筆者>
 中島隆広 : 出雲大社紫野教会、教会長
昭和46年京都府生まれ。名古屋大学経済学部卒業、会社員の後、パソコン部品のインターネット通販の会社を起業して経営する。会社売却の後、國學院大學神道學専攻科に入学し、神主となる。

★教会長中島の本が出ました!
 日本人が伝えてきた心、そして生き方を、神道、神さまの話を中心としつつ、語った本です。相当な時間を掛けて作り上げました。ぜひ一度お読みください。

お問い合わせ電話番号
〒603-8216
京都市北区紫野門前町44-43
TEL:075-491-2943地図
大徳寺前バス停より徒歩3分です

↑新着情報や教会長の話など

↑出雲大社の写真がたくさん

<お問い合わせ>
・TEL:075-491-2943
お問い合わせの入力フォームへ
・LINE@
  友だち追加数
LINE感覚で気軽に連絡できます

↑ PAGE TOP