霊感や霊能力、不思議なことについて

霊感や霊能力、不思議なことについて

 霊感や霊能力、不思議なことについて

 いわゆる霊感や霊能力、あるいは不思議の知らせのようなものが本当にあるかどうか。私はいろんな話を聞いて、あるという結論に達しています。
 しかし、唯物思考というか、科学的に証明されたものしか信じないという人が、そんなものはない、と主張するのがおかしいとも思いません。これはやはり自分かあるいは自分に身近の人が経験しないと、なかなか信じられないでことしょう。

 私の祖母(出雲大社紫野教会初代教会長)にも一つ話が伝わっています。ある方が悩みがあって相談したところ、「あなたの所、お墓の下の石だけ替えてない?」とズバリ言い当てられたとのこと。相談者が自分から言い出したわけでもないし、いわゆるコールドリーディングでもないそうですし、私の祖母のことですから、ましてや事前に調べるなんて面倒なことをすることは無いと思います。ただ、経験則の可能性はあります。他でそんな話(○○に問題→墓の下だけ替えた)を聞いていたのかもしれません。なぜなら、祖母の場合はその一件しか聞いていないからです。他にあったのかもしれませんが。
 こんな話がたくさんあるという霊能者達の話を聞いたことがあります。もちろんその人達は多くの信者を持っておられました。その他にも科学的にはおかしな話、不思議な話を信頼できる人達から何件か聞いたことがあります。そのようなことから、やはり霊感のような不思議な物が存在すると確信しているわけです。

 私自身に霊感等は一切ありませんが、興味があるのでいろいろと調べたり実際に話を聞きに行ったりしています。一言で霊能者と言ってもピンキリです、というかピンというは人々が望んでるような人はほとんどいないと思います。キリの人もいろいろです。お話を聞いてみるとちょっと首をかしげることも多々あります。例えば、どこかの神社に行って、ここは神はいる、いないとか聞くのですが、よくわかりません。先に話を聞いて「やっぱりここ感じるところだ」とか、結構事前の知識に左右されてる人が多いように思います。
 また、霊感がまったく無くても有るように見せかけることもできます。霊感商法につながることも多いのですが、人の心というのは動かし易いものだと感じます。懐疑的な人でも実際にそのようなこと言われると、気になるものです。ただ、無いのにあるように見せるというのは大変危険なこと(騙してる本人にも)ですから、絶対にしてはならないことでしょう。
 それから力のある人も、どうも常には見えるような感じではないようです。本人の体調にも左右されるようですし、ある日突然力が消えてしまう人もいます。科学的な証明ではいつ追試しても同じ結果が得られないといけませんが、そういう結果は出ないと思われます。

 ということで、懐疑的な人には信じられない話だとは思いますが、私も理屈っぽい人間ですし、本当にいろいろ調べて考えた結果、どうもこの世界は不思議な世界なんだと感じています。人間の単にアメーバが進化して勝手に湧いてきたものではなく、何か違うのではないかと。不思議な世界の不思議な住人、それが私たち人間なんだと思うのです。


トップページに戻る > 霊についての話、一覧に戻る > このページの一番上に戻る


<このページの筆者>
 中島隆広 : 出雲大社紫野教会、教会長
昭和46年京都府生まれ。名古屋大学経済学部卒業、会社員の後、パソコン部品のインターネット通販の会社を起業して経営する。会社売却の後、國學院大學神道學専攻科に入学し、神主となる。
・ツイッター@nkjm_tkhr

↑ PAGE TOP