自殺するとすべてのことから解放されて楽になるのでしょうか?

自殺するとすべて楽になるのか

 自殺すると楽になるのか、ということについて考えてみたいと思います。 
 自ら死を選ぶ人というのは、さまざまな事情があって、最終的に死を選ぶということでしょう。基本的にその選択は薦めませんが、ここで考えてみなければならないのは、「人間死んだらどうなるのか」ということです。

 職業柄、いろんな人とお話しすることがあり、たまに死んだらどうなるのか、ということについてお聞きすることがあります。意見は人それぞれです。死後の世界があると言う人もいれば、そんなものはなく、人間死んだらすべてが消える、という人もいます。私は死後の世界があるのではないかと思っていますが、死後の世界なんて無い、という人の意見を否定することもありません。なぜなら、死後の世界がどうなっているのか誰にもわからないからです。死後の世界から帰ってきた人はいません。
 
 死生観というのは宗教と大きく関係があります。世界の宗教を見ていると、死後の世界を考えていない宗教は珍しいように思います。神道もそうですが、日本人の死生観、宗教を見ると、明らかに死後の世界があると信じています。神話を見ると神さまも死んで死後の世界に赴かれ、そこで過ごされます。日本人は先祖供養(神道では先祖祭祀)に熱心です。皇室も歴代の天皇をお祀りして、祭祀が行われています。一般の人々も先祖のお祀りをしてきましたし、今なお行われています。日本人の葬儀をみれば、死者の魂がどこかにいて見ていることを前提に行われていることに気がつきます。現世の自分と死後の世界のご先祖さまとはつながっている。先祖を供養すれば、あの世にいるご先祖さまが喜んで楽しく暮らせることができ、あの世から私たち子孫を護ってくれる。そして、自分も死ぬとあの世に行く、というのが日本人の死後の世界観です。

 死後の世界なんか無いと考える人からは、そのようなものは単なる気休め、あるいはそうであってほしいという願望なのではないか、という意見もあるでしょう。そうかもしれません。
 ただ、死後の世界にいる霊とつながっているとしか思えないような不思議な話がたまにあるのです。霊能者という不思議な力を持つ人によるものもありますし、普通の人に起こることもあります。過去から現在まで、日本人も世界の人々も死後の世界があると考えてきたのは、そのような不思議な話を聞いたから、あるいは体験したからではないかと思うのです。

 人間はいつか死にます。死後の世界があるのならば、遅かれ早かれ行くことになるわけですが、問題は自殺した人はどうなるか、ということです。死後の世界の霊と関わりがあるような霊能者系の人たちの多くは、「自殺した人の霊はあの世で苦しむ」と言います。生きることを途中で放棄したからという人もいます。そうかもしれません。
 死後の世界はないかもしれませんが、あるかもしれません。とにかく今が苦しいので自殺してみたら、霊も何もかも消えるかもしれませんが、反対にあの世あってそこで大変で少しも苦しさから解放されなかった、という可能性もありえるのです。

 自殺した人、未遂に終わった人の話を聞くと、どうも自殺しか解決策がないというところに行き着くのかなという感じがします。生きているのがつらい、自分に価値がない、怒りなど人それぞれでしょうが、しかし、端から見ると、そんなに不利な状況には見えなかったり、その人は持っているものがいろいろあるのに評価していない、ありがたく思っていないのかなと感じます。
 何にしろ自分の頭の中で話がぐるぐる回っている感じですが、これは非常によろしくありません。こんな時は自分が思っていることをとにかく誰かに話してみるのが大切です。自殺を考えるような人は優しい人が多いでしょうから友達や知り合いに話すのも申し訳ない、と考えるかもしれませんが、この世間ではありがたいことに自殺防止のために電話して話を聞いてもらえるところもありますから、ぜひ頼りましょう。

 自殺を考えてみたことのある人は、死後の世界どうなるのか、もしかすると、死後もっと苦労するかもしれない、苦労、辛さからの解放ではなくて、新たな苦しみの始まりになるかもしれない、いうことを頭の隅に残しておいたほうがいいでしょう。
 そんなおどしみたいな事を言われても困るし、とにかく今の自分の苦しさはどうにもならないのか、と思う人もいるかもしれません。そんな場合は、神さまにお願いしましょう。そんな時こそ、神さまにおすがりするのです。そして、自分は神さまに護られているという強い信念を持ちましょう。神さまといかにつながるかを必要としている人は連絡してください。

悩みに対してどうするか 


<このページの筆者>
 中島隆広 : 出雲大社紫野教会、教会長
昭和46年京都府生まれ。名古屋大学経済学部卒業、会社員の後、パソコン部品のインターネット通販の会社を起業して経営する。会社売却の後、國學院大學神道學専攻科に入学し、神主となる。

★教会長中島の本が出ました!
 日本人が伝えてきた心、そして生き方を、神道、神さまの話を中心としつつ、語った本です。相当な時間を掛けて作り上げました。ぜひ一度お読みください。

お問い合わせ電話番号
〒603-8216
京都市北区紫野門前町44-43
TEL:075-491-2943地図
大徳寺前バス停より徒歩3分です

↑新着情報や教会長の話など

↑出雲大社の写真がたくさん

<お問い合わせ>
・TEL:075-491-2943
お問い合わせの入力フォームへ
・LINE@
  友だち追加数
LINE感覚で気軽に連絡できます

↑ PAGE TOP