人生迷った時にどうすべきなのか考えます

人生迷った時にどうするか

 
 たくさんの方のお話しを聞いていますが、いつも思うのは「人間誰にでも悩みがあるものだ」ということです。
 
 あまり意識していませんが、私たち毎日何かを決断しています。例えば、今日のお昼ご飯は何を食べよう、というのも決断です。お昼ご飯くらいならばいいでしょうが、人生にとっての大きな決断もあります。就職、転職とか結婚とか。そんな大きな決断をする時に迷うのは自然なことです。なかなか決断できない場合はどうするか。友達に相談するというのも一つですし、占い師に見てもらうという人もいるでしょう。

 出雲大社紫野教会では「人生相談」を行っていますので、いろんな人の話を聞きますが、迷っているという相談を聞いていて気がついたことがあります。それはほとんどの場合、迷っているようで、実は本人の中では8対2の割合でどちらか決まっている、ということです。例えば、ある人と結婚を考えているとします。自分の中では8割方もう決めているのだけど、2割くらいは何か気になることがあって、迷っている。そんな時に友達に相談してみたら、その2割を大きく見ていて、やめた方がいいんじゃないと言われたとすると、納得できないと思うことでしょう。怒り出す人もいるかもしれません。
 反対にもう8割方この人ではだめだろう、と思っているのだけど、2割くらいは捨てられないところがあるという場合。こちらはやめておいたらと言われたら、素直に納得することでしょう。つまり、どちらかは内心決まっているのに、最後に背中を押してほしい、という目的で友達に相談してはいけないということです。これは悪いということではなく、自然なことであると思います。考えてみると私も同じです。迷うことがあっても、実は内心でどちらか決めている場合がほとんどなのです。

 迷った時は、他の人に話してみるというのもよいことです。話しているうちに自分にとってどちらが8割かがわかりやすくなります。また自分でできる選択肢を全部書いてみて、次にそれぞれの利点欠点を書いてみて、そして気に入らない選択肢を消していくと、最後に自分の本音が残ります。

 たまには本当に五分五分なんです、という場合もあるかもしれません。AかBかどちらか選べない。または何かをやる、やらないが決められない。本当に困った場合は、そんな時はおみくじを引いて神意、神さまの御意志を伺うという方法もあります。おみくじはたいてい運勢を占うことに使われていると思いますし、それで問題ないのですが、おみくじには判断を占う部分があります。願を掛けて祈ったあと、おみくじを神意を伺うわけです。しかし、この判断には従わなければなりません。これもなかなか厳しいことです。

 結局は8割の本音の方を選ぶにしろ、何か問題、気になるところがあるから迷っているわけです。その問題に対する対策をしっかり考えて、そしてあとは頑張るだけ、そして、神道でいうと神さまにご加護をお願いする、そうするしかないと思っています。

悩みに対してどうするか 


<このページの筆者>
 中島隆広 : 出雲大社紫野教会、教会長
昭和46年京都府生まれ。名古屋大学経済学部卒業、会社員の後、パソコン部品のインターネット通販の会社を起業して経営する。会社売却の後、國學院大學神道學専攻科に入学し、神主となる。

★教会長中島の本が出ました!
 日本人が伝えてきた心、そして生き方を、神道、神さまの話を中心としつつ、語った本です。相当な時間を掛けて作り上げました。ぜひ一度お読みください。

お問い合わせ電話番号
〒603-8216
京都市北区紫野門前町44-43
TEL:075-491-2943地図
大徳寺前バス停より徒歩3分です

↑新着情報や教会長の話など

↑出雲大社の写真がたくさん

<お問い合わせ>
・TEL:075-491-2943
お問い合わせの入力フォームへ
・LINE@
  友だち追加数
LINE感覚で気軽に連絡できます

↑ PAGE TOP