神語奉書のおすすめ

神語奉書のおすすめ

 「神語奉書」とは出雲大社に伝わる唱え詞である「神語」を謹書して、奉納します。
祈りをこめて、奉書しましょう。

出雲大社の唱え詞「神語」

 「神語」とは天照大御神の第二の御子で、大国主大神の祭祀をなされた天穂日命より出雲国造家に伝えられた神語で、第八十代出雲国造千家尊福公は「神拝の前後には勿論、常にも唱えて神護を仰ぐべきなり。」と言われた大変ありがたい唱え言葉です。

 幸魂奇魂守給幸給 (さきみたま くしみたま まもりたまい さきはえたまえ)

 出雲大社のお祭りにおいても、必ずこの神語が三唱されます。毎日の神棚の拝礼の際にもこの神語を唱えられるとよいでしょう。
 神語についてはくわしくお知りになりたい方は以下のページをご覧下さい。

 出雲大社の唱え詞「神語」

神語奉書の方法

 ・「神語奉書」の用紙は出雲大社紫野教会にて、用意しています。
 ・謹書は毛筆で行います。
 ・筆ペンは出雲大社紫野教会でも用意しておりますが、書道道具等を持ってきて頂いても構いません。
 ・用紙を受け取り、ご自宅にて謹書していただいても構いません。
 ・「神語奉書」は出雲大社の神楽殿に奉納されます。
 ・「神語奉書」の御霊串料は1枚2,000円から、となります。
 ・奉納された方には撤下の「御神饌」が頂けます。
 ・毎年一度は奉納され、大国主大神さまから新たに御神縁を頂かれることをおすすめします。

毛筆が苦手だという方へ

 最近はなかなか毛筆を使用する事が少なく、学校の書道の授業以来、という方も多いかと思います。ですので、尻込みされるかもしれませんが、不思議なもので、書き始めるとすぐに慣れるものです。また、奉書は字の上手下手は関係なく、それよりも心をこめて丁寧に書くことの方が重要です。

 とはいえ字の大きさとか気になりますでしょうから、まずは半紙に書いて練習し、それから本番の用紙に謹書されるのがよいでしょう。

 まずは下手でもいいから書いてみましょう。きっと良かった、と感じられると思います。

神語奉書のお申し込み

 神語奉書ですが、出雲大社紫野教会での謹書をご希望の方は、神職不在の場合もございますので、一度出雲大社紫野教会(075-491-2943)までお電話ください。
 神職不在の場合がたまにございますので、事前にお電話頂いて予約頂いた方が確実です。
 また、用紙のみお渡しすることも可能です。 
 
 心をこめて奉書され、そして大神さまのご守護を厚く頂かれて、明るい暮らしをお送り下さい。

↑ PAGE TOP