節分:運気が変わる時 出雲大社紫野教会(京都市)

節分祭と特別ご祈願のご案内

 節分とは何なのか?
 鬼は外、福は内と豆をまく日というのは皆さん知っていますが、詳しい意味まで知っている人はあまりいません。
 元々古代中国では月の満ち欠けを元にした太陰暦でしたが、これは太陽の動きとは連動しないため、季節が毎年ずれていってしまいます。暦は農耕のために必要なものでしたから、一年の太陽の動きを二十四に分けた二十四節気(にじゅうしせつき)を作って補った太陰太陽暦が作られました。これは日本にも導入されました。現在では旧暦と呼ばれているものです。

 二十四節気は立春を始まりとして、立春→雨水→啓蟄→春分と進んでいきます。季節の始まりにそれぞれ立春、立夏、立秋、立冬を置きますが、本来節分はそれら四つに入る日の前日のことを指しました。つまり一年に四回あったわけですが、いつの間にか立春の前日のみが節分と呼ばれるようになりました。これは中国では春の始まりが一年の始まりのようであると考えられたから、と言われています。
 節分は毎年二月三日か四日になります。暦の上では春ですが、とよく天気予報で立春の時に言われます。古代中国の人たちはこれ以上は寒くならない、寒さの極まりであって、そこから暖かくなっていくことを春の始まりと考えたようです。二十四節気では冬至→小寒→大寒→立春となります。冬至が一年で一番昼の長さが短いことはわかっていましたが、そこに春の起点は置かず、立春を春の始まりとしたのです。 

節分と鬼

 昔の朝廷では大晦日に鬼を払う「追儺(ついな)」という行事が行われてきました。元々これも中国から入ってきたもののようですが、鬼とは邪気や疫病などの災厄のことです。これが徐々に民間にも広がっていきました。そのうち豆をまいて鬼を払うということになり、また大晦日ではなくて節分に行われるようになってきたのです。

 節分に家内安全、災厄除けをを祈る人々が増え、神社や寺院でも節分に祭典が行われるようにもなりました。また、暦の上で春になるところから、この日は運気が変わる日として祈祷を受ける人も増えてきたのです。 

節分祭と節分特別ご祈願

 このようなことから、出雲大社紫野教会でも節分のお祭り「節分祭」を行います。
 また節分祭において「節分祭 特別ご祈願」を行い、皆さまの願いを大国主大神さまにお取り次ぎしております。
 平成30年の節分は2月3日(土)です。その午後2時より行います。
 特別ご祈願の御初穂料は5,000円からとなります。
 予約等は必要ありませんので、直接出雲大社紫野教会までお越し下さい。

お問い合わせ

 節分祭と節分特別ご祈願について、お問い合わせがございましたら、以下のページからご連絡下さい。
 お問い合わせページ

お問い合わせ電話番号
〒603-8216
京都市北区紫野門前町44-43
TEL:075-491-2943地図
大徳寺前バス停より徒歩3分です

↑新着情報や教会長の話など

↑出雲大社の写真がたくさん

<お問い合わせ>
・TEL:075-491-2943
お問い合わせの入力フォームへ
・LINE@
  友だち追加数
LINE感覚で気軽に連絡できます

↑ PAGE TOP