神さまに守られて幸せになるために行うべき7つのこと

大国主大神に護られて幸せになる7つのこと

 人は誰しも幸せに生きることを願っています。しかし、うまく行かない時もあります。順調にいっている時でも将来が不安になることもあります。そして多かれ少なかれ、悩みはあります。
 そんな時はぜひ出雲大社の大国主大神さまにお願いし、護っていただいて、心の平穏、安定を得て、毎日前向きに生きていきましょう。そのために行うべき7つのことをまとめてみました。

ご祈願

 悩みがある時やどうしても叶えないことがある時は大神さまにお願いしましょう。真摯な祈りは神に通じます。島根の出雲大社まで行ければよいのですが、なかなか遠くでいけない人も多いです。そのため出雲大社紫野教会でもご祈願をお取り次ぎしており、教会長自らが祭主となって、お祭りを行います。
 →ご祈願について

お祓い

 自分の家やお店でなにか気になることがある、こんな時はお祓いをしてみましょう。神職が現地まで赴いて、祭壇を立て、お祭りを行い、清め祓います。
 →お祓いについて

神棚を祀る

 いつも神さまに護っていただくには、やはり神棚をお祀りしましょう。その方法を詳しくお教えします。お札を頂いてとにかく始めてみる、これが大切です。
 →神棚のお祀りについて

出雲屋敷

 家相や鬼門が気になる、あるいは家の何かが気になっている場合、また風水に関心があるという人、そんな人にお薦めしたいのは出雲屋敷です。特別なお祀りで家全体を「神屋敷」として護っていただくことができるのです。
 →出雲屋敷について

ご先祖様を祀る

 あの世にいるご先祖さま達が、この世の私たちを見守ってくれる、これが昔から日本人の思想です。特に不幸なみたまさまは熱心にお祀りしてあげる必要があります。死後の世界である幽冥(かくりよ)をも治められる大国主大神さまに、ご先祖さまのさらなる冥福をお願いします。その方法をお教えいたします。
 →みたままつりについて

出雲大社紫野教会に通う

 なんどもお参りして、大神さまからお力を頂くことは大切です。また、神道の話を聞いたり、教えを学んだりすることは心を洗うことができます。紫野教会はそれができるところですので、気軽にお参り下さい。
 →出雲大社紫野教会について

出雲大社に参拝

 大国主大神さまに護られるくらしをする人は、年に一度は島根の出雲大社にお参りして、感謝の念を捧げ、また新たなお力を頂いてください。紫野教会では年に何度か京都から出雲へ参拝しております。ぜひ、ご参加下さい。
 →出雲大社へおくにがえり

まとめ

 これら7つのことをすべてやらなければならない、すぐに全部やらなければならない、ということではありません。できるところ、自分が気になるところから、まず始めてみましょう。
 遠慮することはありません。思い切って進みましょう。まずは紫野教会に相談してください。
 →お問い合わせ

お問い合わせ電話番号
〒603-8216
京都市北区紫野門前町44-43
TEL:075-491-2943地図
大徳寺前バス停より徒歩3分です

↑新着情報や教会長の話など

↑出雲大社の写真がたくさん

<お問い合わせ>
・TEL:075-491-2943
お問い合わせの入力フォームへ
・LINE@
  友だち追加数
LINE感覚で気軽に連絡できます

↑ PAGE TOP