出雲大社紫野教会についての説明です

出雲大社紫野教会について

 出雲大社紫野教会は出雲大社教の分祠、分院、教会、講社の一つです。全国にたくさんあって、例えば東京には出雲大社東京分祠があります。出雲大社紫野教会は京都市内の紫野(むらさきの)というところにあります。大徳寺の近くです。
 教会となっているのは出雲大社の大国主大神さまの御神徳を広めるということと、神道の教えを広めるためにあるからなのです。

教会の活動

 出雲大社紫野教会は通常の神社のように、誰でもお参りできますし、ご祈願も受けることができます。
 それだけではなくて、いろんな神事や活動を行っています。
 すべては大国主大神さまを信仰して、神道の教えを守ることで、私たちが幸せに、前向きに人生を送ることができるようになることが大切なのです。
 どのような活動をしているか、簡単にご説明します。

参拝、御祈願

出雲大社紫野教会はどなたでも参拝することができます。また縁結びなどの御祈願もお取り次ぎしています。詳しくは以下のページをご覧下さい。
→参拝案内

その他の活動

☆祭典の実施
  月次祭
  元旦祭
  節分祭
  大祓 など
 神道でもっとも大切なものが「祭り」です。
 「祭り」では神さまにお供えをして感謝の気持ちを捧げ、また今後のご加護をお願いします。
 出雲大社紫野教会のお祭りは信徒にしか参列できないものもありますが、どなたでも参列できるものもあります。随時ご案内いたしますので、ぜひご参列ください。
 
 ☆信徒に関する活動
  信徒になるには
 熱心に出雲大社の大国主大神さまを信仰するのが「信徒」です。
 紫野教会信徒となって。大神さまと深いご神縁に結ばれてください。
 
 ☆出雲屋敷
  出雲屋敷について
 家相、風水のすべての凶相がなくなる特別のお祀りが出雲屋敷です。
 鬼門や方位の災いをまったく気にすることが無くなり、また福の神の大神さまのおかげもいただいて繁栄する家となります。

 ☆神葬祭・祖先祭祀
  神葬祭 (神道式のお葬式)
  みたままつり (神道式の先祖供養)
  春季、秋季祖霊大祭
  個人の祖霊舎の設置
 大国主大神さまは幽冥(かくりよ)、あの世を治められる神さまでもあります。その大神さまに死後のこともお願いします。またご先祖さまの幸せを願うのが日本人ですが、神道式の先祖のお祀りをして、大神さまにご先祖さまのご守護をお願いします。

 ☆神棚
  神棚設置指導
 神社にお参りするだけでなく、ぜひ家に神棚をお祀りしていただきたいと思います。簡単なものでも構いません。どうお祀りしたらよいのか、その指導をしております。

 ☆出雲大社の授与品頒布
  授与品
 出雲大社にて授付しておりますのと同じお札、お守りを授与しています

 ☆出雲大社へのおくにがえり(参拝旅行)
  福神祭
  例祭(大祭礼)
  出雲大社教大祭
  神在祭
 出雲大社を篤く信仰するの信徒が喜びとするのは、宗祠出雲大社にお参りすることです
 出雲大社紫野教会からも年に何度かお参りしています。

 ☆人生相談
  人生相談、悩み相談
 人の悩みは尽きないもの。人生相談を行っています。


教会長について

出雲大社紫野教会は小さいところですので、神主は一人でやっています。
神社では宮司が会社でいう社長にあたりますが、教会では教会長となります。

 中島隆広 : 出雲大社紫野教会、教会長
昭和46年京都府生まれ。名古屋大学経済学部卒業、会社員の後、パソコン部品のインターネット通販の会社を起業して経営する。会社売却の後、國學院大學神道學専攻科に入学し、神主となる。

★教会長中島の2冊目の本が出ました!
 日本人が伝えてきた心、そして生き方を、神道、神さまの話を中心としつつ、語った本です。相当な時間を掛けて作り上げました。ぜひ一度お読みください。


教会長について詳しくは
→出雲大社紫野教会の教会長のページ

↑ PAGE TOP