慎みの送る年回りである厄年

慎みの送る年回りである厄年

慎みの送る年回りである厄年

  厄年の年齢
 男性の場合
 前厄 二十四歳 四十一歳 六十歳
 本厄 二十五歳 四十二歳 六十一歳
 後厄 二十六歳 四十三歳 六十二歳
 女性の場合
 前厄 十八歳 三十二歳 三十六歳
 本厄 十九歳 三十三歳 三十七歳
 後厄 二十歳 三十四歳 三十八歳
 厄年には災難が降りかかったり、病気になったりすることが多いといわれていますが、実はこの起源についてはあまりわかっていません。特に忌まれている大厄は男性の四十二歳、女性の三十三歳ですが、それぞれ「死に」、「散々」から来ているのではないか、という説があります。こういう語呂合わせは民間信仰ではよくあることですので、流布することに影響があったのは間違いないと思いますが、これだけが理由ではないと思われます。
 現在では厄年はとにかく災厄が降りかかって来る難儀な年齢、というように思われていますが、元々は町や村での神事に関わり始めになる歳、また大厄の歳は神事の重役を担う歳だったのではないかといわれています。男性四十二歳、女性三十三歳ともなると、その共同体で重要な役目に就く歳であり、そのため物忌斎戒(ものいみさいかい。つつましくし、身をきれいにして暮らすこと)することが要請されました。それを破ると災いが起こりかねません。それ恐れ、厄払いをお願いする習慣になっていたと思われます。
 厄年につつしまくしなければ災厄が降りかかる、というものが、いつの間にかその歳が悪い歳だということに変わっていった、というわけです。昔は神事の重役を担うというのは非常に重要視されたということだと思います。お祭りというものに対する熱心さが今からでは想像もつかないくらいでした。
 現在の社会においても、本厄の歳あたりは職場や地域社会において重要な役目を担う歳ではないでしょうか。祟るとかそういうことを恐れるのではなく、この年を一つの節目として今までの生活を反省し、これから社会や家庭においての自分の責任を再確認して、そして神さまにこの歳の安穏を祈願する、というのは大切なことであると思います。



トップページに戻る > 読み物一覧のページに戻る > このページの一番上に戻る


<このページの筆者>
 中島隆広 : 出雲大社紫野教会、教会長
昭和46年京都府生まれ。名古屋大学経済学部卒業、会社員の後、パソコン部品のインターネット通販の会社を起業して経営する。会社売却の後、國學院大學神道學専攻科に入学し、神主となる。

★教会長中島の本が出ました!
 日本人が伝えてきた心、そして生き方を、神道、神さまの話を中心としつつ、語った本です。相当な時間を掛けて作り上げました。ぜひ一度お読みください。

お問い合わせ電話番号
〒603-8216
京都市北区紫野門前町44-43
TEL:075-491-2943地図
大徳寺前バス停より徒歩3分です

↑新着情報や教会長の話など

↑出雲大社の写真がたくさん

<お問い合わせ>
・TEL:075-491-2943
お問い合わせの入力フォームへ
・LINE@
  友だち追加数
LINE感覚で気軽に連絡できます

↑ PAGE TOP