遷宮、それは神さまの力のよみがえり

遷宮、それは神さまの力のよみがえり

遷宮、それは神さまの力のよみがえり

   平成二十五年は五月に出雲大社の平成の大遷宮、十月には伊勢神宮の式年遷宮が行われるという佳年となりました。出雲大社は六十年ぶり、伊勢神宮は二十年ぶりの遷宮となります。
 遷宮とは簡単にいえば社殿の修復ということになります。神社の社殿は木造建築ですから、長い年月が経つにつれ痛んできます。これを定期的に修造しますが、その修理中神さまには他の建物に移っていただきます。宮が遷るということで、神社の社殿修造のことを遷宮というのです。
 出雲大社の場合は遷宮を現在は約六十年ごとに行っています。江戸時代の本殿より礎石を使うようになりましたので、本殿の建物は建て替えず修理しています。まず平成二十年に仮殿遷宮祭を行い、拝殿を御仮殿としてお移りいただいて、修造なった平成二十五年に本殿遷座祭を行い、元の本殿に戻られました。
 伊勢神宮の場合は、社殿の隣に同じ面積の用地がありますので、そこに新しい社殿を建てます。ですので遷宮祭は古い本殿から新しい本殿に移られる一度だけになります。伊勢神宮の場合は必ず二十年ごとに行います。きっちり期間を決めて行う遷宮のことを式年遷宮といいます。
 遷宮の意義というのは単に建物を新しくするだけではありません。最も重要なのは新しい、清らかな社殿にお鎮まりなった神さまはさらに力を増されるということです。清新な神の力のよみがえりというのが遷宮の意味することです。
 ですので、ぜひみなさまも遷宮なった神社にお参りし、さらに力を増された神さまからお力をいただいてほしいと思います。また、この機会に自分も新しくよみがえるという気持ちになってはいかがでしょうか。今までの自分を振り返り、初心に戻り、またこれからの目標をしっかり見据えて、新しい自分をスタートさせてください。そのことを神さまに誓ってみてください。きっと応援して頂けることでしょう。



トップページに戻る > 読み物一覧のページに戻る > このページの一番上に戻る


<このページの筆者>
 中島隆広 : 出雲大社紫野教会、教会長
昭和46年京都府生まれ。名古屋大学経済学部卒業、会社員の後、パソコン部品のインターネット通販の会社を起業して経営する。会社売却の後、國學院大學神道學専攻科に入学し、神主となる。

★教会長中島の本が出ました!
 日本人が伝えてきた心、そして生き方を、神道、神さまの話を中心としつつ、語った本です。相当な時間を掛けて作り上げました。ぜひ一度お読みください。

お問い合わせ電話番号
〒603-8216
京都市北区紫野門前町44-43
TEL:075-491-2943地図
大徳寺前バス停より徒歩3分です

↑新着情報や教会長の話など

↑出雲大社の写真がたくさん

<お問い合わせ>
・TEL:075-491-2943
お問い合わせの入力フォームへ
・LINE@
  友だち追加数
LINE感覚で気軽に連絡できます

↑ PAGE TOP