お参り時の服装

お参り時の服装

お参り時の服装

 神社にお参りする際の服装について、特に気にせず普段着という人も多いと思います。中には気持ちがあれば服装はなんでも構わない、などという人もいますが、それは極端な話です。神さまと人間とは親しい関係とはいいましたが、日本には親しき仲にも礼儀ありという言葉もあります。ましてや神さまの前です。毎朝の散歩の時にお参りする、という場合でしたら、普段着でもかまいませんが、大切なお願いをする時くらいはしっかりした服装でお参りした方がよいと思います。
 とはいっても基準が全くないのは困ると思います。平成二十年、出雲大社「平成の大遷宮」が始まり、仮殿遷座祭が執り行われ、大国主大神は御仮殿にお移りになりました。その後、御本殿の特別拝観が行われました。通常は神職しか入ることができない御本殿に上がるということで、服装の制限がありました。
「御本殿は最も神聖なところです。服装は下記を厳守して下さい。襟・袖付シャツ、長ズボン、スカート、和装、靴等(但しTシャツ、ジーンズ、ジャージ、短パン、カーゴパンツ、短いスカート、スパッツ、作業着、サンダル、ミュール等は不可)」
 というもので、例えば男性で襟の付いてないシャツを来ていた人は拝観をお断りされていました。神社に熱心にお参りする、という人ならば、通常の参拝でもこの程度の制限をクリアする服装でお参りしてほしいと思います。正式参拝やご祈願の場合は男性でしたらスーツ、女性でしたらそれ相当の服装がよいのではないでしょうか。
 周りを見回して「みんなはどういう格好で来てるのか」を気にする人が多いかもしれません。それも日本人らしいところですが、これは神さまと自分との話であって、他の人がどうするということではなく、自分で決めるべきものではないでしょうか。周りからどう見られているかよりも、神さまのためにどういう服装で行くべきか、ということを自分で考えて決める、これが大切だと思うのです。


トップページに戻る > 読み物一覧のページに戻る > このページの一番上に戻る


<このページの筆者>
 中島隆広 : 出雲大社紫野教会、教会長
昭和46年京都府生まれ。名古屋大学経済学部卒業、会社員の後、パソコン部品のインターネット通販の会社を起業して経営する。会社売却の後、國學院大學神道學専攻科に入学し、神主となる。

★教会長中島の本が出ました!
 日本人が伝えてきた心、そして生き方を、神道、神さまの話を中心としつつ、語った本です。相当な時間を掛けて作り上げました。ぜひ一度お読みください。

お問い合わせ電話番号
〒603-8216
京都市北区紫野門前町44-43
TEL:075-491-2943地図
大徳寺前バス停より徒歩3分です

↑新着情報や教会長の話など

↑出雲大社の写真がたくさん

<お問い合わせ>
・TEL:075-491-2943
お問い合わせの入力フォームへ
・LINE@
  友だち追加数
LINE感覚で気軽に連絡できます

↑ PAGE TOP