出雲大社教大祭についてのご案内です

出雲大社教大祭

 出雲大社教とは大国主大神を奉斎する出雲大社を宗祠と仰ぐ神道の教団です。全国に分祠、分院、教会、講社があり、大国主大神の御神徳とその教えを広めています。
 その大国主大神を信仰する信徒のお祭りである、出雲大社教の大祭は毎年8月の前半に行われます。
 平成29年は8/5(土)8/6(日)8/7(月)8/8(火)の4日間です。全国から参列しますので、1日では収まりきれないため、4日に分けて行われます。ですからこの4日間のうちのどれか1日に参列します。

夜は神の時間

 奈良県の桜井市、古代大和朝廷の中心地であったと言われる纒向遺跡の近くに箸墓(はしはか)という古墳があります。前方後円墳としてはかなり古くかつ大型のもので、倭迹迹日百襲姫命(やまとととひももそひめ)のお墓と言われていますが、この箸墓ついて、日本書紀には興味深い話が伝わっています。
 「この墓は、昼は人が作り、夜は神が作る」
 これは一例ですが、古代日本人は夜は神の時間と考えていたのではないかと言われています。平成25年に出雲大社「平成の大遷宮」本殿遷座祭、伊勢神宮第62回式年遷宮「遷御の儀」が執り行われましたが、どちらも夜に行われています。
 夜は特別な時間ですが、そのような特別なお祭りを除いて、現在は通常お祭りも昼間に行うようになっています。

神秘的なお祭り

 出雲大社教大祭、その夜に行うお祭りです。
 まず、神楽殿でのお祭りが執り行われます。神道で一番大切なものがお祭りです。参列しているみんなが心を一つに合わせてお仕えします。お祓いの後、大国主大神さまへ神饌がお供えされます。続いて、謝恩詞の奏上となりますが、これを全員で唱えます。そして、お祭りで一番大切な祝詞の奏上。斎主は出雲大社教管長(出雲大社権宮司)です。参列者も平伏して祈りを捧げます。出雲大社の唱え詞である「神語」をこれまた全員で奉唱します。巫女舞が供せられて、参列者代表の玉串となります。お祭り終了後、管長のお話しがあります。このお祭りをお仕えするだけで大変ありがたいことです。


夜の出雲大社(左が八足門)

 そして「みたまむすびの霊行」が行われます。みたまむすびの霊行は、まず各自に御鈴が渡されます。信徒は神楽殿を出て、普段は入ることができない、八足門から中に入ります。瑞垣に囲まれた神域を「おにわ」と呼びますが、この聖域を踏ませていただくことを「おみわふみ」と言います。みたまむすびの霊行では特別におにわふみをさせていただくことができます。このおにわを全員で御本殿の周りを巡ります。「行(ぎょう)」ですので、全員無言です。そして八足門の前で整列し鈴を振ります。この霊行で大神さまより「むすひの力」を頂き、霊魂のよみがえり、幸魂(さきみたま)奇魂(くしみたま)の発動を一心に祈ります。夜の静寂の中で行われる大変神秘的な神事です。


頂ける鈴(この袋の中に入っています)

お祭りに参加するには

 この出雲大社教大祭は一般の人が見物に来るお祭りではありませんし、また一般の人が直接参列することはできません。出雲大社教の分祠、分院、教会、講社を通して参列する事になりますので、お近くのところにお問い合わせ下さい。

お申し込み・お問い合わせ

 出雲大社紫野教会では、平成29年は8/5(土)~8/6(日)の日程で参列する予定です。京都から車を出す予定で、費用は38,000円を予定しています。(一泊二食、御初穂料込み)
 現在少数で行っていますので、周り大勢全員が知り合いでと言う状況ではありませんお一人でも夫婦でも家族でも参加してください。
 これにお申し込みされたい方は出雲大社紫野教会(075-491-2943)に直接お電話頂くか、お問い合わせページからご連絡下さい。

 その他、ご質問等ございましたら、お気軽にお寄せ下さい。直接お越し頂いて詳しいお話を聞くことも可能です。
(参考ページ)
出雲信仰と出雲大社教についてはこのページをご覧ください。

↑ PAGE TOP